2013年12月

Live Nikk0 

 

1228日、今回の放送は、日光市今市の市縁ひろば

内にあります、手打ちそば日光の庄さんが開いている、

そば打ち体験道場から年越しの

『そば打ち体験』

をしてきました。

 

 今回そば打ちの指導を頂き話をお伺したのは

    手打ちそば日光の庄

    店主 岡田 庄二さんです

 

今回体験した量は

500gで、大人約4人前です、

bc53cc88.jpg

そば粉に水を加えて混ぜる

(250ccの水を約3回に分けて回し入れる)

8b7c54f0.jpg

こねる

(こね鉢やボールの淵を使ってこねる)

f8ef5298.jpg

こねたそばを平らにしてゆく

(空気抜きをしながら一旦円錐形にしたものを

上から潰し平らな円形にしてゆく)

b6147eda.jpg

  めん棒を使ってさらに平に

(めん棒を使うとき、そばに傷など付かないよう手の形は猫の手の様に)

c20e8d69.jpg

丸く平になったそばを、四角に

a4c3f154.jpg

切るためにそばをたたむ

d7cf8719.jpg

そばを切り分ける

家に持ち帰り食べたそばは、言うまでもなく

絶品でした。

 

a8763656.jpg
91b890d3.jpg

そば打ち体験をした「そば打ち体験道場」です。

6b76eb11.jpg

ご指導頂きました、岡田庄二さんと齋藤リポーターです

 

  今回体験した「日光の庄」さんが行う、

『そば打ち体験道場』のお問い合わせは

    手打ちそば「日光の庄」

    電話番号  0288-21-3910

           にお願いします。

  年明け110日くらいまではいっぱいだそうです。

 

次回年明け「111日」平成26年最初のライブNIKKO

JR日光線で222日・23日運行予定の、

ストーブ列車、びゅうコースター風っこを、

JR日光駅から中継致します・・・・・[E:scissors]

 

是非 日光FANラジをお楽しみください

 

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

 

77d365cf.jpg

 

今年最後の放送となりました[E:sign01]
この場をお借りしまして、取材を受けてくれた方々、
そして、聞いてくれた皆様、本年はとてもお世話になりました。
来年も日光の魅力をご紹介伝わりますように、
頑張りますので、本年同様によろしくお願いします。

それでは今年最後の日光吟遊のコーナーです[E:sign01]
今回は『有限会社 吉田屋羊羹本舗』
さんのご紹介です[E:happy01]

713e8dad.jpg

吉田屋さんは二社一寺の御膝元、
日光市中鉢石町の国道119号線沿いにあります、老舗の羊羹屋さんです[E:sign01]
お話をお伺いしました、
日本民謡フェスティバルでグランプリになった日本一の民謡歌手であり、
CRT栃木放送で毎週土曜日、19:30~20:00まで放送中の
「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」のパーソナリティであり、
4代目吉田長三さんの娘さん、5代目吉田仁孝さんの姉でもあります
『古田佳子』さんです[E:think]

b3c8debf.jpg

吉田屋さんは明治の始め頃に初代、吉田屋長吉さんが宇都宮のお店から
のれん分けをして、日光にお店を構えました!
それ以来変わらず同じ土地で羊羹を作り続けています!

お店の名前は元々『甘養堂』(かんようどう)と言う名前だったそうです。
そして時が経ち「吉田屋」に変わったそうですが、
「苗字が古田なのに、お店は吉田屋なの?」と
疑問になるかと思います。その理由は
『古い』と言うよりは何でも『日本一になろう』と一本線を足して
『吉田屋』となったそうです[E:sign03]

9008aa15.jpg

吉田屋さんの羊羹は大きく分けて3つあります[E:happy01]
まず、棹羊羹です[E:sign01]

9ec04fbf.jpg
 e5822a17.jpg

種類は本練羊羹・塩羊羹・大納言・栗羊羹・塩大納言と
あります[E:flair]サイズは大と小、そして贈り物等に便利な詰め合わせのセットもあります[E:sign01]

そしてその羊羹を食べやすく一口サイズにした
一口羊羹です[E:sign01]

ecc5378d.jpg
 2de66b79.jpg

種類は練・塩・大納言と3つあります[E:flair]
こちらはバラでお買い求めできますが、
5個~30個のセットもありまして、日々のお茶請けに重宝しそうです[E:note]

そして日光の冬と言えば水羊羹です[E:sign01]

 

75bc6f5e.jpg

三ツ山羊羹本舗さんの時もご説明しましたが、
元々水羊羹は冬に食べるもので、
炬燵に入りながら食べるのが水羊羹でした[E:eye]
雪の中などに保存しておいた冷たい水羊羹を、
暖かい炬燵で頂くのは日光の人々の一番の贅沢だったそうです[E:shine]

そして食べやすく容器も凝っている
竹筒入り水羊羹です[E:sign03]

f7453b91.jpg

滑らかなのどごしと、さっぱりとした甘味なので
重くなり過ぎず何個でも食べれてしまいます[E:confident]

この他にも、季節限定商品の
よもぎ羊羹・枝豆羹(えだまめぷりん)・栗むし羊羹
がありますので、是非ご賞味下さい[E:happy01]

吉田屋さんの羊羹は厳選された、北海道産の小豆・
長野県産の寒天・そして日光の美味しい水を使っています[E:sign01]
そして古来より伝わる伝統の技で仕上げられていますので
とっても美味しいんですね[E:shine]

そいて一押しの
『献上竹皮包 なつかし羊羹』です[E:sign03]

7ccb664e.jpg
 d07b62a1.jpg

画像の通り、大正時代、日光田母沢御用邸に献上していた
羊羹のレシピを完全に復元した商品です[E:sign01]
原材料・手法・包装にこだわりぬいた本物の羊羹です[E:flair]
丁寧に一つ一つ仕上げますので、
製造から完成までなんと約2周間もかかってしまいます[E:sun]
その為数が沢山作れないので、限定品になりますが、
本物の羊羹の味が堪能できます[E:sign01]
これはもう羊羹の王様とも言って良い程ですので、
見つけた時が買い時です[E:cute]
日光市民でなくても、冬はこのなつかし羊羹を暖かい炬燵で
頂きたくなりますね[E:note]

吉田屋さんは昔ながらの伝統の味・技を守りつつ、
更に新しい商品の開発に挑んでいます[E:sign01]
お正月のお供に、冬の贅沢にぜひ吉田屋さんの羊羹を
ご利用ください[E:sign03]詳しいお問い合わせは

日光練羊羹 有限会社 吉田屋羊羹本舗
 住所 日光市中鉢石町903 電話0288-54-0009 FAX0288-54-0111
 営業時間9:00~18:00 定休日は水曜日(営業の場合あり)
 HP:http://www.yoshidaya-youkan.com/index.html
です!ぜひよろしくお願いしますね[E:shine]

そしてここでプレゼントのお知らせです[E:sign03]

吉田屋羊羹本舗様より「一口羊羹 5個パック」
5名の皆様にプレゼントです[E:sign01]

a991b881.jpg

中身は練2個・塩2個・大納言1個のセットになっています[E:eye]
応募の仕方は

○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛
○FAXは028-643-3311
〇メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

応募の際は必ず
「吉田屋 一口羊羹詰め合わせ希望」と書いてくださいね[E:coldsweats01]
締め切りは年明けまして1月7日です[E:sign01]
当選者の発表はお品物の発送をもって代えさせて頂きます[E:note]
そして番組への感想、ご意見もお待ちしています[E:sign03] 

続きましてGO GO NIKKOから
「日光山輪王寺 除夜撞鐘・修正会」です[E:sign01]

5d1b3d27.jpg

こちらでは日光山輪王寺で、大晦日から元旦に行われる行事を
ご紹介していきます[E:sign01]
お話をお伺いしましたのは
『日光山輪王寺 門跡寺務所 執事・教化部長 鈴木常元』さんです[E:happy01]

a66c5a9a.jpg

まずは12月31日の大晦日に三仏堂の前庭で行われる
「採灯大護摩供(さいとうだいごまく)」です[E:sign03]

こちらでは午後11時45分から日光山の山伏が、
野天の大護摩を焚き上げます。
三仏堂の屋根よりも、高く高く立ち上る護摩の煙と炎に
祈りをこめて、一年の厄災を焼き払い、開運を願う、勇壮な儀式です[E:sign01]

そして年明けまして、1月1日の午前0時の時報に合わせ
「除夜撞鐘(除夜の鐘)」が始まります[E:shine]
場所は本堂境内の鐘楼です[E:sign01]
日光山の境内に鐘の音が鳴り響きます。
除夜の鐘は108回撞かれますが、一般的には煩悩の数と言われています[E:sign01]
その他にも一年間を表していたり、四苦八苦を取り払うと言う意味で
108回だと言う説があります[E:think]
輪王寺さんで撞く方は、輪王寺にご縁がある方や、
業者さんや信者さんが鐘を撞きます[E:happy01]

その除夜の鐘を合図に、
「新春祈祷」が行われます[E:sign01]
全山僧侶が大本堂で祈ります。
密教修法や読経の声が約一時間響きます。
『人々に幸多かれ』と祈念する、年の始めの一番厳かな儀式です[E:shine]

そして元旦から7日間は
「修正会(しゅしょうえ)」が行われます[E:sign01]

修正会は修正月会とも言います。
前年を反省し曲がった事や外れてしまった事を正し、
新年の国家安泰、五穀豊穣などを祈願する儀式です[E:sign01]

年が変わると言うのは大きな節目ですので、日光山に御参拝頂いて、
心身を清め、新たな気持ちで新しい年を迎えてみてはいかがでしょうか?
年越しは日光の二社一寺へ是非お越しください[E:sign01]

今年最後の放送となりました。
取材に協力して頂いた皆様、
日光FANラジを聞いてくださいました皆様、
本年は大変お世話になりました。
来年も変わらぬご指導をくださいますようお願いいたします。
それでは皆様、良いお年をお迎えください[E:sign01]

Live Nikk0        

 

1221日、今回の放送は、日光市鬼怒川温泉大原の

日鬼怒川温泉駅前から1221日・22開催予定の

『ゆず湯風呂キャンペーン』

について紹介いたしました。

 

 今回話をお伺したのは

    日光市観光協会

    鬼怒川・川治支部

    小野田 祥一さんです

 

ゆず湯風呂キャンペーンは今年で18回を数える冬恒例の

イベントです。

キャンペーンは集客を目的の一つにはなっておりますが、冬至

に因んだキャンペーンですので、ゆず湯風呂に浸かって頂き「無病

息災」を祈願するお手伝いをし、宇都宮市内で収穫された「ゆず」

のすばらしさを広くお伝えしていく事も目的としています。

 ゆず湯には約3万個を使ておもてなしをしています。

 

 公共の足湯、鬼怒川温泉駅前広場にある「鬼怒太の湯」くろがね橋

の、たもとに有る「鬼怒子の湯」では無料で楽しめますし、公共浴場の

鬼怒川公園岩風呂・川治温泉薬師の湯は、入湯料500円でゆず湯風呂を

楽しめます。

 

 その他、ホテル・入浴施設などの入浴時間や料金につきましては、

各ホテル・入浴施設にお問い合わせ確認してください。

 

 23(月・祝日)、は鬼怒川温泉駅前で先着500人にゆずが無料で

配られます。

 

 

97458e68.jpg

ゆず湯の鬼怒太の湯を楽しむ観光客にリポート中の

齋藤リポーター

9a72519e.jpg
92c907a7.jpg

13442660.jpg

鬼怒太の湯

5dea23c1.jpg
 ac0c2d17.jpg

日光市観光協会 鬼怒川・川治支部内の様子

cd68db74.jpg

話をお伺いした小野田祥一さんと齋藤リポーター

 

  鬼怒川・川治温泉ゆず湯風呂キャンペーン

また、鬼怒川・川治の観光情報などお問い合わせは

    日光市観光協会 鬼怒川・川治支部

    電話番号  0288-77-2052

    ホームページは、

 http://www.kinugawa-kawaji.com/

           にお願いします。

 

次回「1228日」今年最後の日光FANラジの放送は

年末年越しそばに因んで、

蕎麦打ちの体験を、

手打ちそば「日光の庄」から中継致します

 

是非 日光FANラジをお楽しみください

 

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。・・・・[E:scissors]

           77d365cf.jpg

12月23日「ゆず」の配布も取材してきました。

  http://ameblo.jp/nikko-sozoroaruki/entry-11735301175.html

今年も残す所あと10日になりましたね[E:sign01]

今回、日光吟遊は
ゆば・とうふの「有限会社 松葉屋」さんの
ご紹介です[E:flair]

63869ebd.jpg
 d5fe3acf.jpg


松葉屋さんは国道121線沿いの日光市豊岡中学校前に
製造工場と
販売店は日光街道沿いの今市市縁広場の隣に販売店があります[E:sign01]
どちらでも商品はお買い求められますので、
是非ご利用ください[E:happy01]

お話をお伺いしました
「有限会社 松葉屋 取締役営業部長 田代 由紀」さんです[E:flair]

c11c3491.jpg

松葉屋さんは明治15年の頃から、豆腐屋さんとして始まりました[E:happy01]
そして3代目から「ゆば」の製造が始まりました[E:sign01]
「ゆば」も「豆腐」も大豆と水を原料としています。

def87054.jpg

松葉屋さんは栃木県産大豆天然地下水100%使用し、
毎日、その日に売り切れる分しか作りません[E:sign01]
しかも全て手作りなので、量は作れませんが、その労を惜しまず
手作りで作ることで美味しいゆばや豆腐が作れるそうです[E:sign03]
豆腐やゆばを作るのは、時間と手間がかかります[E:eye]
松葉屋さんの三代目は毎朝2時には工場に入り、
豆腐やゆばを作っています[E:flair]
こんなに丁寧に作られているので、美味しいわけですね[E:wink]

4b9a5836.jpg
 

こちらは生さしみゆばです[E:sign01]画像は日光生わさびとのセットです[E:think]
生さしみゆばだけでも美味しいのに、日光生わさびと合わせたら、
「毎日ゆば食べたい[E:sign03]」ってなってしまいます[E:happy01]
松葉屋さんの商品の一部は、日光FANラジの事務所がある
かましんに置いてありますので、早速食べてみました[E:happy02]

f5dd6890.jpg

さしみゆばにかけたのは、以前ご紹介しました、
「マルシチ醤油(盛田株式会社)」さんの「弥次右衛門のだし醤油」です[E:sign01]
松葉屋さんのゆばの、大豆本来のなめらかな食感と繊細な味を、
マルシチさんの伝統の技が凝縮された醤油でいただくのは
かなりの贅沢でした[E:confident]

6851540f.jpg
 afd1e65b.jpg

94df7575.jpg
 f8b195bb.jpg


その他にも、巻きゆば、たぐりゆば、油揚げ、厚揚げ、豆腐や
高野豆腐をゆばで巻いた、高野巻きゆばなど美味しい商品がたくさんあります[E:happy01]
そして若い人にも広めようと作りだした、
「日光名物 ちかちゃんの手造り ゆばシューマイ」も絶品です[E:sign01]

497091cc.jpg

こちらの「ゆばシューマイ」は直売店近くのお肉屋さん
「鳥秀商店」さんとのコラボ商品で、
松葉屋さんのゆばを贅沢に使った、手造りシューマイです[E:confident]
レンジで温めるだけで、日光の名物が食べられるので
お手軽に食べられますので、是非ご賞味ください[E:sign03]

取材した時に「日光ゆば」の調理のポイントを教えて頂きました。
日光ゆばは油で揚がっていますので、丁寧に油抜きが必要となります。
その時、煮だたせないように、目を離さずゆでこぼしをする事が大切だそうです[E:flair]
煮過ぎると吹きこぼれてしまい、ゆばの形も味も崩れてしまうそうです[E:weep]

松葉屋さんの年末のお歳暮は、年内の予約はいっぱいですが、
今からの注文になりますと、年明けから出来立てを発送になります[E:note]
是非年末のお歳暮に松葉屋さんの商品を、と言う方は、
10月から予約を受け付けていますので、お早目にどうぞ[E:sign03]

詳しいお問い合わせは
有限会社 松葉屋  製造工場 日光市芹沼1766-98
             電話 0288-21-7700
                             販売店    日光市今市594
                             電話 0288-21-0658 FAX0288-21-0853
までどうぞよろしくお願いします[E:flair]

ここでプレゼントコーナーです[E:eye]
有限会社 松葉屋さんより
「日光ゆば15個セット」を5名の皆様に頂きました[E:sign03]

プレゼントのあて先は
○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛
○FAXは028-643-3311
〇メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

応募の際は必ず
「松葉屋 日光ゆば希望」と書いてくださいね[E:coldsweats01]
締め切りは12月31日です[E:sign01]
当選者の発表はお品物の発送をもって代えさせて頂きます[E:note]
また、発送は年明けになりますので、ご了承ください[E:coldsweats02]
そして番組への感想、ご意見もお待ちしています[E:sign03] 

続きましてGO GO NIKKOから
「ひかりの郷 日光国体特集 第3回目 ショートトラックスピードスケート」
のご紹介です[E:sign01]

ショートトラックスピードスケートとは、1周111.12mのトラックを
1回の競走で数名(4人~6人)の選手が同時に左回りに滑り、順位を競います。
通常、各組上位2人が予選~決勝へと勝ち進んで行きます。
タイムトライアルではなく着順で優劣を決めることから
「氷上の競輪」とも呼ばれている競技です[E:sign01]

選手は狭く短い距離のトラックの中を数人でまとまって滑走するため、
走力やコーナリングの技術力もさることながら、
競技の展開を読む力や運、ずる賢さなどが必要になってきます[E:happy01]

12月12日に今市青少年スポーツセンターで行われた
「ショートトラック 第15回県選手権兼冬季国体県予選会」
を取材させて頂きました[E:think]

1f5a0259.jpg

 

少年の部の写真です[E:flair]
この中に未来のメダリストが居るかもしれませんね[E:flair]

6eb4bd4d.jpg

大会は1500m・500m・1000m・3000mを
各予選・順々決勝・準決勝・決勝の順で行われていきます[E:sun]
続いてショートトラック国体県予選の様子です[E:sign01]

1e4a4e8a.jpg
 fb26ce7c.jpg
6f4ba4d2.jpg
 81822da7.jpg

私は今回の取材で始めてショートトラックスピードスケートを見ましたが、
速さと、選手と選手の駆け引きは見ているこちらも熱くなります[E:sign01]
この4枚の最後の写真は外側から抜こうとしている所ですが、
思わず歓声を上げてしまうぐらいでした[E:sign01]

970ee717.jpg

この予選会では、全種目を制した作新高校の稲葉選手が
初の総合優勝を果たしました[E:sign03]
全種目で2位は東洋大学の野尻選手、3位は雀宮中学校の粕谷選手でした[E:note]

最初にお話をお伺いしました、
「冬季国体 青年男子代表 野尻大海」さんです[E:sign01]
試合の直後だったのですが快くインタビューに答えて頂きました[E:happy01]

ca067a8d.jpg

野尻さんは小学生の時、宇河地区の大会の練習中に
宇都宮のチームの保護者の方が声をかけてくれて、
そこからスケートをやろうと決めました!
そのスピード感とコーナリングの時に体にかかるG(重力)を
感じて回れた時、相手選手との駆け引きが特に好きな要素だそうです[E:flair]

017bceb9.jpg

国体に向けて自分で出来ることをしっかりやって
全力でぶつかっていきたいと話す野尻選手。
地元開催の国体をきっかけに、ショートトラックを
沢山の方に知ってもらいたいとも話していました!
これはもう目が離せませんね[E:eye]

続いてショートトラック競技を指導している
「宇都宮スケート協会 金子文彦」さんに話をお伺いしました[E:flair]

b3842135.jpg

ショートトラックは意外と知られてはいませんが、
前回のオリンピックでショートトラック500mで西谷岳文選手が金メダル
植松仁選手が銅メダルをとっているチャンピオンスポーツです[E:sign03]
皆さんにもっと興味を持ってもらい、始める方が増えれば栃木県から
もっともっと全日本に繋がる選手が出てくると思います。
日光市開催の国体を機会に、ショートトラックの魅力を感じて貰って、
始めて頂ければ良いと思っています[E:sign01]

もしも興味を持ったり、お子様に始めさせたいと言う方は、
宇都宮スケート協会や各スケートリンクに問い合わせて下されば、
あまりリスクの無い様に楽しく始められる様に、バックアップしてくれるそうです[E:eye]

お問い合わせは
宇都宮スケート協会 090-2608-7100 担当の辻さんまで
よろしくお願いします[E:sign03]

ひかりの郷 日光国体まで、残り40日を切りました[E:sun]
ショートトラックスピードスケートを始め、各競技盛り上げて行きたいです[E:sign03]




Live Nikk0

 1214日、今回の放送は、日光市所野の

日光市公設地方卸売市場から1223開催予定の

『師走朝市』

について紹介いたしました。

 

 今回話をお伺したのは

    日光市公設地方卸売市場

    日光地区総合食品卸売株式会社

    代表取締役 手塚 庄右衛門さん

総務部長 木村 由紀夫さんです

 

○公設市場の役割・取扱品目について教えていただきました。

 市場は地域の皆様の食の台所として、適正な価格で安定供給し

ニーズにお答えし、生活の安定を図る役割であると自負しており

ます。

 取扱品目につきましては、青果(野菜・果実)、水産(鮮魚・冷凍魚

乾物類)を扱っています。

 

○安心・安全な食品の提供について取り組んでいること、心掛けて

いることについて教えていただきました。

 新鮮な食品を衛生管理し販売することは言うまでもなく、放射線量

の検査を行い、その結果を添付して販売するなどし、消費者の皆様の

不安を取り除くよう努力しております。

 

 日光市公設地方卸売市場では、通常一般消費者の皆様が直接購入

する事は出来ませんが、ひと月に一日、第3又は第4土曜日に

「土曜市」を開催し、地域の皆様に日頃の感謝を込めて、新鮮で安価

な商品を販売できる日を設けております。季節によっては開催出来

ない月もありますので、市場まで確認お願い致します

 

 また年末の一般開放の日は、『師走朝市』として開催し、かまぼこ

などお正月商品他、通常土曜市より商品を豊富に取り揃えております、

今年の師走朝市は

1223(月・祝日)に開催します、

午前800分~1100分です

開催日近くになりますと日光地域の方になってしまいますが、新聞に

目玉商品など掲載した折込チラシが配布される予定です。

 また用意する品数にも限りがあります、目玉商品などは早めに売り

切れてしまう事が予想されますので、早めのご来場をおすすめします。

などいろいろ教えていただきました。

b5e2587a.jpg
 c72d553a.jpg

77063aa9.jpg
 b1264317.jpg

30188b4d.jpg
 8df1aec9.jpg

11月に行われた土曜市の様子を写真に収めました。

a0bcc46f.jpg

味噌のつかみ取り

2167d924.jpg

代表取締役手塚庄右衛門さんと齋藤リポーター

44f587e2.jpg

総務部長木村由紀夫さんと齋藤リポーター

 

  日光市公設地方卸売市場及び師走朝市のお問い合わせは

    日光市公設地方卸売市場

    電話番号  0288-22-1139

    ホームページは、日光市のホームページ

 http://www.city.nikko.lg.jp/shoukou/guide/hataraku/ichiba.html

           にお願いします。

 

次回「1221日」の日光FANラジの放送は

122122日開催される

ゆず湯風呂キャンペーンについて、日光市観光協会

鬼怒川・川治支部から中継致します・・・・・[E:paper]

 

是非 日光FANラジをお楽しみください

 

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

      77d365cf.jpg

12月23日の師走朝市の取材に行ってきました。

   http://ameblo.jp/nikko-sozoroaruki/entry-11735260427.html

↑このページのトップヘ