2014年05月

5月31日放送 「ぶらり日光の旅」

今週は、湯の湖周辺をぶらり旅!

「奥日光お手軽ウォーク   湯の湖・湯滝へ行ってみよう」に参加しました。

5月24日午後1時~4時ごろまでです。集合場所は、日光湯元ビジターセンターでした。

持ち物は、おやつに飲み物そして防寒具です。

コースは、湯の湖⇒湯滝⇒湯の湖  でした。

ガイドをしてくださった方は、日光湯元ビジターセンターの石井 綾 さんです。

34ce10e1.jpg
f4569c61.jpg

湯の湖と男体山です。ここからスタートしました!   案内していただいた石井さんです。

                                  笑顔の素敵な方です♥

1e2430da.jpg
09b295e4.jpg

まだ、雪が残っていました。これからが春本番!     陽だまりの水辺で、気持ちよさそうです!

13bc931c.jpg
8dc6faf3.jpg

シャクナゲの花です。咲始まった頃です。   まだ、寒いので、葉っぱも丸くなっています。

                               温かくなると葉が開いて、花が咲きます。

010980f1.jpg
88bec044.jpg

湯の湖から湯滝になるところです!        ちょうど半分くらい下りたところの湯滝です!

マイナスイオン たっぷりの気持ちの良い場所です♡    

              2330c407.jpg

迫力のある滝です。音も豪快な水しぶきです。

       滝つぼ近くで、なんと 釣りをしている人がいます!

f12b70e9.jpg
ee4ee083.jpg

兎島です!兎の顔と耳に見えますよね?!   トウゴクミツバツツジです。可憐な花です♡

4eec5f57.jpg

ホームページをチェックすると、これからの催し予定がアップされています。

お手頃散策ができますので、ぜひ 参加してみてください♥

日頃の運動不足解消とリフレッシュに最適です♥

 

5月31日放送 「女将に聞きました」

       鶴亀大吉 女将 新井美代子さん

              17433a56.jpg
5362c69d.jpg

大きな小槌の前で、素敵なお着物姿の女将さんです。

この小槌に触れると、大きな福をいただけそうですよ♥

入口からでは想像できなかった「開運」扉の向こうには、

   素晴らしい景色が広がっていました。幸運をいただけそうなホテルです。

  36154a93.jpg
   b8175bc9.jpg
   

「温かいものを温かいうちに」をモットーに、出来立てのお料理をいただけます。

炭火会席のおもてなしです。そして、お部屋も特色のある招福の宿です。

また、6月7日8日の「だいこくまつり」は、 まさに「小槌の宿」の守り神大黒様のお祭りです。

7日には「ライブ日光」でもお伝えする予定です。このお祭りに参加して、鶴亀大吉にお泊りし

て、さらに運を引き寄せてはいかがでしょうか!

             〒321-1432 栃木県日光市安川町2-53
              TEL:0288-54-1550 FAX:0288-54-3433
               Mail:info@nikko-turukame.jp       

5月31日放送 「ライブ日光」

日光天然氷の松月氷室から中継でした!

お話を伺ったのは、日光天然氷 蔵元 有限会社 松月氷室 代表取締役

吉新 昌夫さんです♥

ff2e0557.jpg
7aeebf30.jpg

毎日のようにお客さんの行列ができるので、整理券を配布して待ち時間を有効に使ってい

ただこうと、配慮している松月さんです。それだけ、魅力のある日光天然氷のかき氷です!

お店の近くの山あいの池に湧水を引いて、自然に凍るのを待って切り出し、氷室に積み上

げ、おがくずで封じこめて保存しています。

自然の力でじっくり凍らせた、硬く密度の濃い氷!

           だからこそ、かいたときに形がしっかりとしています。

7eefa251.jpg
5e023ee9.jpg

氷室からお店の冷蔵庫に運んで入れておきます。 かき氷用の氷です。天然氷にふれて

肌で感じることが出来るように、置いてあります。ステキな配慮ですよね♥

氷の音を聞いていただけましたか?!

まるで、金属のような硬い音です。これこそまさに天然氷の音です!

2a3bdacf.jpg
aef88ecb.jpg

中継の後、吉新さんが作ってくれました!「4つのフルーツミックス」です。いちご・もも・

ぶどう・パイン のミックスシロップがたっぷり!そして、中には、大きな果肉がゴロゴロ!

何とも幸せなひと時でした♥ 口に入れた瞬間にフルーツの甘いシロップがかかった氷が

口の中でふあっととけて…~一気に癒されました~ ごちそう様でした)^o^(

この幸せなひと時を、リスナーの皆様にも味わっていただきたいと、プレゼントをいただきまし

た!ペアで10組20名の皆さんに、感動を味わっていただきたいと思います。

どしどし ご応募ください!お待ちしています。

詳しい応募方法は

○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛
○FAXは028-643-3311
〇メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

(有)松月氷室

   〒321-1261  日光市今市379  ℡・Fax 0288-21-0162  

            ✉shogetsu@natural-ice.net      「 松月氷室」 で 検索

続きを読む

5月24日放送 「ぶらり日光の旅」  龍王峡周辺 ぶらり旅

今日は、龍王峡周辺をぶらり旅。

案内してくださった方は、有限会社ネイチャープラネット代表取締役 坂内 剛至さんです。

ネイチャーガイドを初めて、10年になるベテランです。龍王峡の事なら何でもご存知です。

           94d021f2.jpg

とても丁寧にガイドしていただきました。質問にもわかりやすく答えてくださいます。

今回のコースは、 虹見滝 ⇒ 龍王神社 ⇒ 涼しいスポット ⇒ 虹見橋 ⇒

            モリアオガエルの産卵場所 底なし沼 ⇒ むささび橋 ⇒

            大観(龍王峡のルーツ地点) ⇒ むささび茶屋        です!

 

61c01ef0.jpg
84371cc5.jpg

虹見滝です。正午頃、日光の光が入って        涼しいスポットからの眺めです。

くると、虹が見えるそうです。               ここに来た瞬間  さわやかな冷たい

奥に見える橋が、虹見橋です。             空気に包まれ、クーラーの効いた部屋に

ここからも、虹が見えるそうです。             入ったような感覚でした。

98e4ac50.jpg
52d645ed.jpg

虹見橋から見た上流                        虹見橋から見た下流

白い岩の部分が、リュウモン岩           

白龍峡です。

8be64cd9.jpg
d6e6f3da.jpg

モリアオガエルの産卵場所の底なし沼         クリンソウです。濃いピンク色の可憐な

時期になると、モリアオガエルが枝先まで            花です。群生してました。

登って交尾して、メレンゲのような泡が枝

につき、重さで枝がしなるほどだそうです。

見てみたーい!

 

8843c3d3.jpg
f727cfec.jpg

むささび橋から見た上流の景色です。               むささび橋です。

ここからが、緑色凝灰岩の青龍峡です。

 

edce67d8.jpg
784dcd42.jpg

大観からみた景色です。龍王峡の地名のルーツとなった場所だそうです。この流れ

龍が上流に向かって登っているような流れに見えますよね。迫力のある奇岩怪石です。

ここまで歩いて観てほしい景観です。ここがまさに「龍王峡」です!!

1afe4857.jpg
b1b916fa.jpg

むささび茶屋でいただいた「味噌おでん」です。    龍王峡駅です。ここから会津鬼怒川線  

秘伝のたれの甘味噌。コクがあってとても             に 乗ることが出来ます。

おいしい味噌おでんでした。一休みに、お茶

と一緒に戴きました。おいしかったー♡

ネイチャープラネットへの連絡先

  有限会社ネイチャープラネット  日光市川治温泉 高原42

                        ℡ 0288-78-1177 Fax 0288-78-1178

                        携帯 090-1506-8162  坂内 剛至 さん 

5月24日 女将に聞きました   

湯本 湖畔の宿 湯の家 大女将 後藤津菜子さんです。

湯元の玄関口にある「湯の家」最初に見えるホテルです。湯の湖 全体を見渡せる

ロケーションは、最高の立地です。

        de32fea4.jpg

大正12年生まれの素敵な女将さんです。こんな素敵に年をとっていきたいと思いました。

品のある装いと話し方に、私も自然にゆったりとした話し方になってしまいました。

湯元のスキー場は、昭和18年の「明治神宮スキー大会」現在の国体が湯元で開催されること

になり整備されたゲレンデだそうです。

また、天皇陛下御幼少のころ、疎開されていたところというお話にも、感激しました。

天皇陛下は、湯元で終戦を迎えられたそうです。

34fe335a.jpg
763acd5f.jpg

源泉が二つ。止まることのない温泉です。 女将さんは毎朝、温泉に入るそうです。

そして、その日に合わせた温度管理をしているそうです。

そのせいか、お肌もイキイキしていました。

日光市湯元 2512 湖畔の宿 湯の家

℡ 0288-62-2431    Fax 0288-62-2468 

5月24日 ライブ日光  鬼怒川温泉ロープウエイ

鬼怒川温泉街に入って、左側に見える山の斜面に赤いロープウェイが見えます。

結構急な斜面を這うように登っていきます。

延長621m 所要時間およそ3分30秒 乗車定員 30名 大きな窓からは、大パノラマが広が

ります。

Img_5222 ab91ccec.jpg

空中散歩を楽しめます。鬼怒川温泉街を一望し、同じ高さの目線には、山の稜線がくっきりと

見えてきます。優しい緑色の木々と時折聞こえてくる野鳥のさえずりに、心が和むひと時で

す。

610799c4.jpg
74c366be.jpg

標高400mの温泉山麓駅から標高700mの丸山山頂駅まで一気に登っていきます。

結構急斜面です。スキーのジャンプ競技は、こんなくらいの斜面らしいです!

山頂には、空中庭園展望台・おさるの山・温泉神社があります。

f2e16994.jpg
13bbc3b8.jpg

9ef9fe03.jpg
3a0e159e.jpg

近くには、鬼怒川ライン下りがあり、季節ごとに違った表情を見せる大自然の中、水しぶきを

上げながら豪快に進む船旅も楽しむことが出来ます。

鬼怒川温泉ロープウェイから無料のシャトルバスも出ています。また、お得なセット券もありま

すので、山と川の自然をダイナミックに体験できるチャンスです。ぜひ、ご利用ください。

   みなさ―ん! 鬼怒川温泉ロープウェイに、空中浴しに来てください♥

8bbbd6b3.jpg
90e46bf0.jpg

問い合わせ先  日光市鬼怒川温泉滝 834 鬼怒川温泉ロープウェイ

             ℡0288-77-0700   Fax 0288-76-2166

           鬼怒川温泉ライン下り  ℡0288-77-0531

 

♥プレゼントのお知らせ♥

今回も取材中の日光土産を、おひとり様にプレゼント!

そして、鬼怒川ロープウェイの乗車券 ペアで3組  6名様にプレゼントです!

 番組の感想やご意見などと一緒に送ってください。

お待ちしていまーす♡

詳しい応募方法は

○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛
○FAXは028-643-3311
〇メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

 

続きを読む

5月17日放送 「ぶらり日光の旅」

今回は、霧降高原 「隠れ三滝」をぶらり旅!

チロリン村の山本雄一郎さんとお友達の片柳 紀雄さんと3人で出かけました!

霧降高原を知り尽くした方とご一緒できて、とても光栄でした。

チロリン村は、国道119号線、東武日光駅を過ぎたところから右折して霧降大橋を渡り

霧降高原方面に進み、「つつじケ丘」というバス停を過ぎたところから間もなく、左側に

見えてきます。

a172eb9c.jpg
b95ae29a.jpg

 

チロリン村です。広い敷地の中に、野外で楽しめる施設が沢山あります。

これからの季節、日光天然の氷を使ったかき氷が、おすすめです♡

【日光霧降高原チロリン村】〒321-1421,栃木県日光市霧降1535-4,Tel.0288-54-3355,【定休日】火曜日(臨時休業あり),【営業時間】9:00~16:0009fecebd.jpg

チロリン村の山本雄一郎さんです。霧降高原の事なら何でも分かる、素敵な方です。

まずは、丁字ヶ滝です。

81eba7c3.jpg
53945e55.jpg

チロリン村から歩いて15分くらい 滝の落差10m位ですが、水量が多いので迫力があります。

c4bff3b6.jpg
3af9f4bd.jpg

近くに群生していた ニリン草 多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸びていて和名

の由来になっています。

5e350d03.jpg
ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ 紫色のシソ科の植物です。

         08384c9c.jpg

玉簾の滝です。すだれのように幾筋にも分かれて流れ落ちる滝。落差は 6mくらい。

夏には、ここを登って川遊びも楽しめるそうです。

3fcfb89d.jpg
79f10ddf.jpg

ヒトリシズカ。名前は、源義経が 一人で       マックラ滝に行く途中、木の橋が流され

舞っている静御前 という女性の姿に         ていました。架けなおして渡れるように

見立てたことからついた名前だそうです。       なりました。管理してくださっているんで

                                 すね! 感謝♡

 

 

86c5082f.jpg
db00c894.jpg

 マックラ滝です。珍しい北向きの滝だそうです。落差は30m。一番 迫力がありました。

 そして、風に舞って 水しぶきがかかってきます。夏は、天然のシャワーで気持ちよさそう

 です。

              cc5200f2.jpg

                戊申街道から眺めた、チロリン村です。

この夏休み、ぜひ 散策してみてはいかなでしょうか。私にも歩ける道です。

標識もあるので、ゆっくり 景色や植物をみながら 歩いてみてはいかがでしょうか。

そして、チロリン村で 天然のかき氷 をいただくと リフレッシュ 間違いありません!!

 

5月17日放送「女将に聞きました」

湯西川温泉 本家伴久 女将 伴 玉枝さん

          9e90ad65.jpg

着物姿が様になっている、本家伴久の大女将 伴 玉枝さんです。

「いらせられませ!」の迎え太鼓でお出迎えしてくれます。この、「いらせられませ」という

ことばは、女将さんのお母さまがお使いになっていた言葉だそうです。丁寧で品のある響

きです。火災にあい全焼してしまった後、鹿沼西中・日光小・西方小の古い木造校舎の木材

をいただき、再利用した、趣のある深い味わいのホテルです。

1e92bc7a.jpg
e1658114.jpg

かずら橋を渡って、お食事処に行きます。炉端で土地の美味しいお料理をいただけます。

特に、一升べら が好評です。

6月5・6日の平家大祭、7月の竹の宵祭りとかわあかり  8月のオーロラファンタジー

とイベントが続きます。昨年度、じゃらん全国温泉地満足度ランキング秘湯部門で1位になっ

た「湯西川温泉」に、足を運んでみてはいかがでしょうか。お待ちしています。

〒321-2601
栃木県日光市湯西川温泉749   

電話番号:0288-98-0011 / FAX:0288-98-0666

5月17日放送「ライブ日光」  日光東照宮春季例大祭

晴天に恵まれ、素晴らしい日光東照宮春季例大祭になりそうです。

時間の経過とともに、観光客の方も多くなり、11時ごろは、駐車場に入る車の渋滞でした。

今日、お話を伺ったのは、日光殿堂案内協同組合 理事長の 春日武之さんです。

             4b1a037c.jpg

「日光のみのもんた」と言われている方だそうです。全く予備知識のなかった私は、

後になって驚きました。観光客の方々が、春日さんをご存知で、声をかけて、握手して

いました!

流鏑馬神事の会場 表参道大手通りです。

da851e33.jpg
3f80ac45.jpg

出発する方から撮りました。          紅白幕の地点が出発点です。そこから220m。

奥に東照宮が見えます。             およそ1,8m幅の馬場を一気に走り抜けながら

馬の走るコースです。                3つの的めがけて、矢を射ます。

鎌倉時代の古儀にもとづいた神事です。

みどころは、馬を操る射手の技と弓さばきです。また、古儀にもとづいた所作も見どころです。

          80ebc9db.jpg

青い板の前に立っている緑色の棒の上に、55㎝四方の杉の正目板でできた的が掲げられま

す。

d0969f17.jpg
d4ff4279.jpg

18日は、10:30から、百物揃千人行列がおこなわれます。正式には、神輿渡御祭といって

徳川家康公を駿府久能山から日光へ改葬した時の行列をそのまま再現したものです。

三神(家康公・秀吉公・頼朝卿)の神輿を、久能山に見立てた御旅所神殿に祀り、古式にのっ

とった祭典を済ませて、日光東照宮 神輿舎に還御します。

見どころは、古儀にもとづいた千人を超える行列とその衣装です。

ぜひ、明日の日曜日 早めにお出かけして、勇壮な行列を見学してはいかがでしょうか!

なかなか、休日と重ならないので、今回はチャンスです!

                            0ecd8528.jpg

今回お世話になった、日光殿堂案内協同組合の事務所です。勝道上人像の前にあります。

「堂者引き」といって、東照宮・輪王寺・二荒山神社など 現地案内のガイドをしてくださいま

す。豊富な知識と素晴らしい話術で、2倍も3倍も有意義な時間を過ごすことが出来ます。

ぜひ、アクセスしてご利用ください。

〒321-1431 日光市山内 ℡ 0288-54-0641  Fax 0288-53-3311

5月10日放送 「ぶらり日光の旅」

今回は、鬼怒川温泉まち歩きガイドツアー参加しました。

あいにくの雨☂  残念な気持ちで出かけましたが、車でまわってガイドしていただきました。

その上、2つのコース 両方 まわっていただけたので、かえって ラッキー☆ でした!70be83d0.jpg
fb4895c9.jpg

スタッフの皆さんのユニフォームです。      左側が、沼尾さんです。

赤のユニフォーム!目立ちますね♥        お二人とも ボランティアでガイドしています。

■南コース
鬼怒川・川治温泉観光情報センター→鬼怒川温泉駅前広場→さくら通り→竹の澤発電所→日光市役所藤原総合支所→東武鉄道(旧)鬼怒川温泉駅跡→くろがね橋河川遊歩道→くろがね橋→本町行灯通り→鬼怒川温泉ふれあい橋→東京電力下滝発電所(藤坂)→立岩橋→松原公園→鬼怒楯岩大吊橋→桜並木通り→鬼怒川温泉駅前

■北コース
鬼怒川・川治温泉観光情報センター→鬼怒川温泉駅前広場→さくら通り→竹の澤発電所→日光市役所藤原総合支所→東武鉄道(旧)鬼怒川温泉駅跡→くろがね橋河川遊歩道→くろがね橋→湯の街公園→花の町歓楽街跡→護国神社→温泉神社→滝見公園→滝見橋(吊り橋)→大滝河川遊歩道(観瀑台)→鬼怒岩橋→日光市郷土資料館(仲附の旅籠)→鬼怒川公園→戊辰の役小原古戦場跡→鬼怒川戊辰街道→鬼怒川公園駅前路傍園地→鬼怒川公園駅

c809b43c.jpg
f43dd9e7.jpg

竹の澤発電所。水力発電の管です。現役です。 東武鉄道(旧)鬼怒川温泉駅跡  

                              今は公衆トイレです!                       

dca1ba24.jpg
efc730b3.jpg

         戊辰の役小原古戦場跡→鬼怒川戊辰街道です。

ca009db7.jpg
b94e15fc.jpg

益子焼の陶器でできた「鬼」です!  橋の近くでお出迎えしてくれます。

スタンプラリー用の台も設置されています。  

 fd846d46.jpg
9746b7f2.jpg

休憩で立ち寄った店でいただいた、かりんとうまんじゅう  ごぼう と ゴマ 入りです!

cbada7b0.jpg
4f1b7513.jpg

景色を見ながら、ゆっくり 足湯と手湯です。  よーく 見てください!鬼の絵の階段です。

                              雨で近くには行けませんでした。残念

 

  ab3bcaa0.jpg
53dceb2d.jpg

ツアーに参加すると最後に「邪気払い 御守」を戴けます。雨のツアーも趣がありました。

事前に申し込んで、いつもと違う 観光 はいかがでしょうか!

【 集合場所 】
鬼怒川・川治温泉観光情報センター
(日光市鬼怒川温泉大原1404-1、鬼怒川温泉駅向かい)
 
【 参加費用 】 
お一人様 300円 (ガイド事業協力金として、ツアー当日現金払い)
 
【 申込方法 】
参加ご希望の方は、希望日の10日前までに、電話またはFAXにて下記までお申込ください。
(期限を過ぎても受付可能な場合がございますので、まずはお問合せください)
 
一般社団法人 日光市観光協会(℡) 0288-22-1525   (FAX) 0288-25-3347
受付時間 8時30分~17時(年中無休)

5月10日放送 「女将に聞きました」 花の宿 松や

 

 

 

     女将 臼井静枝さんにお話を伺いました。 

ac3eef0f.jpg
46baef18.jpg

女将の臼井静枝さんです。毎日お着物で過ごされている、筋金入りの女将さんです。

館内 いたる所に 季節の花 そして、 人形、竹下夢二の絵、高価な調度品 など

お客様が、松や に飾ってほしいと贈ってくださった物だそうです。あまりの数に「日光人形美

術館」「日光竹下夢二美術館」「花茶寮 相田みつを心の美術館」を作って、皆さんに見て戴

いています。   

        776089bc.jpg

庭先から鬼怒川の河原に降りることが出来ます。夏は、最高の遊び場ですよね。

また、鬼怒川公園駅から歩いて5分足らず。龍王峡も近くにあって 川治温泉へもアクセスで

きます。

住所:鬼怒川温泉の旅館 花の宿松や

    〒321-2521 栃木県日光市鬼怒川温泉藤原19 

電話: 0288-77-1221(代) FAX: 0288-76-1770 Email: hananoyado@matsuya.co.jp

5月10日放送「ライブ日光」 

    日光市大沢町 龍蔵寺の六尺藤

まさに見ごろを迎えた 大沢町 龍蔵寺の六尺藤 から お伝えしました。

今日まで、藤の花が咲いてくれているか…  とても 心配でしたが、待ってくれました!

嬉しい限りです♡

お話を伺ったのは、龍蔵寺の住職 久松 智賢さんです。

                        34a0a83e.jpg

真言宗 智山派  大沢山 蜜厳院 龍蔵寺 ご本尊は、大日如来 です。

創建は、建仁2年(1202年)、川内郡桑島の金剛定寺 の末寺 です。歴代の将軍様が

お寄りになった お寺だそうです。

日光市天然記念物に指定されている「六尺藤」は、 久松豊明住職が台木となる山藤を植え

たもので、その後、花穂の長い藤を接木しています。

78b2704b.jpg
c263417d.jpg

60f6cd0e.jpg
be383871.jpg

8分咲き でした。 まだ伸びそうです。      ドライフラワーにした藤の茎の部分です。

住職が幼かった頃は、藤棚の中に入り、のれんのように藤の花をかき分けながら遊んだそう

です。

4ba9fff5.jpg
1aba6da8.jpg

この幹の太さ。260㎝もあるそうです。      ぜひ、今週末 おいでください!

〒321-2341
栃木県日光市大沢町831-3 龍蔵寺

♡プレゼント「日光土産」のお知らせです♡

取材中に戴いたお土産をプレゼントします。

まとめておひとり様に、お送りしたいと思います。

ご応募ください。 お待ちしています!

詳しい応募方法は

○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛
○FAXは028-643-3311
〇メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

追加情報です!日光山椒園の日光山椒の木の芽

日光の山椒は標高1300mに自生しています。

栽培地の日光細尾は、標高800m前後で、寒暖の差があって、

生育しやすい場所だそうです。そこの広い農園で山椒を育てているのは、

日光山椒園の鷺橋 弘 さんです。

449fdf35.jpg
a739e37d.jpg

山椒の木を育て始めて30年。

山椒の木にとってはこの頃が一番、勢いのある時期だそうです。

手のひらにとって、両手で「パン」とたたくと、とてもよい香りがしました。

山椒の佃煮にしたり、タケノコと一緒に煮物にしたり、冷奴に添えたり…と、

季節を感じることのできる山椒です。

山椒が大好きな方、興味のある方は、アクセスしてみてください。

鷺橋さんが、丁寧に対応してくださいます。

 

事業所名日光山椒園
事業所住所日光市細尾町369
事業所連絡先TEL:0288-53-4001 FAX:0288-54-2282

 

続きを読む

5月3日放送  「ぶらり日光の旅」

今回は、中禅寺湖周辺をぶらり旅!              

まず最初に、5月5日に男体山の開山祭がおこなわれる二荒山中宮祠へ行きました。

   992fcccb.jpg
               eb004c3f.jpg

なんと まだ 雪が残っていました!         ここで、男体山登山の受付をします!

5月中は、冬山の装備が必要です。                     登拝料を収めて(お守りや記念品付)         

アイゼンやスノーシューなど準備してください。   登ります。

また、温かい飲み物があるとホッとしますよね♡

問い合わせ
  日光二荒山神社 中宮祠
〒321-1661 日光市中宮祠2,484
TEL0288-55-0017 FAX0288-55-0405

ぶらり~♥  ステキなログハウスのお家を見つけました!

454a37fc.jpg
738715f0.jpg

鹿の子 です。檜でできたログハウス!  入ると 檜の良い香りがしました。

手作りのお店です。

 a95af7dd.jpg
510ada50.jpg

消しゴムの版画で作ったカード          トンボ玉で作ったネックレスやキーホルダー

6ef4672b.jpg
2bbc4fbe.jpg

かわいい小物がいっぱいです。

トンボ玉製作体験ができます。小さいものなら15分くらいで1個!

冷ますのに40分くらい! この間に、手作りのケーキやコーヒーで一休み♥

窓から見える中禅寺湖の景色は、最高です!

   〒321-1661日光市中宮祠2478
          TEL/FAX 0288-55-1288
             営業時間 11:00~17:00頃 季節により変更あり
                                休日   不定休

お昼になりました!どこか素敵な場所でランチ!

シェ・ホシノ に 行ってみました!

c833e366.jpg
ebad6b1c.jpg

メニューには、食材を提供しているお店や個人名が記されています。

安全安心のおもてなしです♥

シェフ 星野仁志さんおすすめの ヤシオマス をいただきました。

4c9dcf76.jpg
a0a768e7.jpg

ヤシオマスです。とてもきれいな色です。      日光はなんといっても ゆば !

口の中に入れるととろけるような柔らかさ!    温泉卵とゆばが絡んで うーん

生のような…火を通したような…絶妙な焼き加減   何とも言えない 歯ごたえ♥

サラダ風で ほかのお野菜とも相性バッチリ!       洋風なのに和風テイスト です。        

 

            67bf92ef.jpg

    中禅寺湖の素晴らしい景色を見ながらいただく シェフの 洗練されたお料理♡

    もう一度 行きたーい  と 思ってしまいます。

                  
                住所:栃木県日光市中宮祠2478         

        営業時間・定休日

      ランチ&カフェ 11:00~15:00(L.O.15:00)

          ディナー 18:00~20:00(L.O.20:00)

      定休日: 木曜日 除外日:祝祭日、7/20~7/30、10/1~11/3

         予約専用番号       050-5870-2461   

         問い合わせ専用番号  0288-55-0212

5月3日 「女将に聞いました」 ホテル 高照 

 

      女将  増田 秀美さんにお話を伺いました!

神橋を右折して、右手に小杉放菴記念日光美術館を見ながら霧降方面に抜ける道沿い!

静かな木立に囲まれたホテル 高照。  広い敷地内には「梅屋敷」という旅館と自然豊か

庭が広がっています。高台のお部屋からは、世界遺産の素晴らしい景色が堪能できます。  

2a7e27c0.jpg
494c57d2.jpg

 

 

              5c2aa093.jpg

ホテルの前の「興雲律院」 で撮った、女将の 増田秀美さんです。

粋な着物姿が、とても素敵です!

新緑に包まれて朝の散歩に最適♡ マイナスイオン いっぱいのすがすがし空気です。

ここから、霧降方面のハイキングにも適しています。 

霧降の滝  そして 隠れ三滝!  丁字ノ滝・玉簾ノ滝・マックラ滝 観光客も少なく

落ち着いたハイキングが楽しめます。5月17日の「ぶらり日光の旅」でご紹介します。

お楽しみに♥

  住所:〒321-1414 栃木県日光市萩垣面2400-1 

  電話: (0288)53-1311(代)    FAX(0288)53-1222

 

5月3日放送   「ライブ日光」  足尾まつり

お話を伺ったのは、足尾歴史館 館長の 長井一雄さん(左側)

             松原町 自治会長 二島洋平さん(右側)です。

                         3181431b.jpg

晴天に恵まれ、まさに お祭り日和  でした。朝から、地元の方々や観光客の方々が

大勢、集まっていました。足尾銅山の伝統を受け継ぐ 「足尾まつり」!

山車や子供神輿がにぎやかに繰り出していました。

ライブの時間に、鉱山観光駐車場に到着した、松原の山車です。

7bd85173.jpg
dbfd5add.jpg

トラックの荷台には、お囃子の子供たち。その上の舞台には、小学生の男の子が「ひょっと

こ」、女の子が「おかめ」のお面をかぶり、お囃子の合わせて楽しい踊りを披露してました。

手と体の動きがとてもユニークでかわいい踊りです♥

97fa6d66.jpg
  2d6768f1.jpg
                            

先頭は、婦人部の方々。粋な着物姿です。  そして、自治会の方々が綱を引っ張って

  拍子木の方々が次に続きます。        続きます。

86f6f5c6.jpg
2b63779e.jpg

                 昔は、このような立派な山車でした。  

現在は、車をつかった山車を、各自治会が工夫を凝らして装飾しています。

山神祭の伝統を受け継ぐ、子供たちが中心のお祭りです。きっと、幼い子供たちの中には、

今日のお祭りを見て、「大きくなったら、お兄さんお姉さんみたいに、山車に乗りたい!」

と思っているにちがいありませんね♥

プレゼントの応募やご意見・ご感想など お待ちしています♡

● おはがきは  〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛
● FAXは 028-643-3311
● メールの場合は  nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

続きを読む

↑このページのトップヘ