カテゴリ: うんちく・小ネタ

まだまだ暑い日が続きますね[E:coldsweats02]
夏バテにはお気をつけてください[E:sun]

今回の日光吟遊は「日光甚五郎煎餅 株式会社 石田屋」さんです[E:sign01]

e5ee82b6.jpg

取材は日光工場で行いました[E:flair]
本店は、旧日光市,本町の国道120号線から少し路地に入った趣がある場所にあります[E:happy01]
以前ご紹介しました、「田母沢御用邸記念公園」の近くになります[E:bleah]
日光工場は旧今市市内、森友の国道119号線(日光街道)沿いにあります[E:note]

それでは、お話をお伺いしました、「株式会社 石田屋 常務取締役 石田雅一さん」です[E:sign03]

7f967f6b.jpg

石田屋さんは、明治40年に石田定吉さんが日光市本町にお店を起こしたのが始まりになります[E:flair]
当時は醤油やゴマのお煎餅がメインの商品となっていました[E:sign01]
その頃は、足尾が大変活気があったので、足尾に行って商売をしていたそうです[E:flair]
当然車が普及する前ですから、リアカーに商品を乗せ、片道2~3時間掛けて通ったそうです[E:shine]

そして昭和37年に「日光に新しいお土産を作りたい」と言う思いから、
『日光東照宮の眠り猫』を掘った、左甚五郎さんからお名前をお借りして「日光甚五郎煎餅」を作りあげました[E:sign03]
当時の煎餅は『丸い形』と言う既成概念があったのですが、形は『四角』にして、
更に味は、外国のお客様を意識した『塩とバター』の味付けにしました[E:flair]
今では様々な形、味のお煎餅がありますが、この時代にはかなり斬新でした[E:shine]

7964e986.jpg

日光甚五郎煎餅のパッケージのデザインも当時は新しく、今でも変わっていない缶とマスコットの猫[E:cat]
こちらの缶色と猫は、『眠り猫』が由来となっています[E:wink]
そしてイメージキャラクターとして女優の『佐久間良子』さんを起用していました[E:sign03]

様々な試行錯誤の末、「甚五郎煎餅」は皆さんに愛され、日光土産として定着し、
昭和43年に「日光工場」が出来ます[E:shine]
そして昭和55年に和菓子事業部が出来て、伝統の味を守りながら新しい商品にも力を入れています[E:sign03]

今ではお煎餅だけでも30種類以上あり、和菓子も日光周辺のホテルや旅館のお茶請けとして、
使われているぐらいとても美味しいです[E:think]

取材に行った時、特別に工場見学をさせて頂きました[E:sign03]
丁度作っていた商品は和菓子の人気商品『日光の雅 しっとり胡麻あん風味』でした[E:eye]

527da326.jpg

まず材料を入れます[E:sign01]

0f309ec1.jpg

ちなみにこちらの機械は、先日お伝えしました「虎彦製菓株式会社」さんの創業者、
林虎彦さんの会社、『レオン自動機』さんの包あん機だそうです[E:note]
その機械で胡麻あんを詰めていきます[E:eye]

Img_4887 43f82db4.jpg

そのままきなこの海へ入っていきます[E:happy01]

d15674d0.jpg

そして何重にもわたる検品の末・・・

652890b8.jpg

包装・箱詰めされます[E:sign03]

Img_4913 2834fa90.jpg

そして専用の機械で包装されて完成です[E:sign03]

0e08e6a1.jpg

こちらの工場では、直売も行っています[E:sign01]

33cbe06b.jpg

ご覧の通り、ほとんどの商品が試食可能となっていますので、お好きな味をお買い求め頂けます[E:happy02]
ぜひご利用ください[E:sign03]

詳しいお問い合わせは
株式会社 石田屋 今市工場  日光市森友23  電話0288-21-2037 
HP:http://www.jingorou.com/

またホームページからのお買い物も出来ますので、遠方の方は是非ご利用くださいね[E:think]

そしてお待ちかねのプレゼントコーナーです[E:happy01]
石田屋さんより、7色の味の楽しみ「彩々づくし」を5名の皆さんにプレゼントです[E:sign03]
ご応募方法は記事の最後に発表します[E:delicious]

続いてGO GO NIKKOから日光彫りの「五十嵐漆器株式会社」さんです[E:sign03]

以前「お宝骨董市」の時にも少しお話ししましたが、日光彫りとは
江戸時代に3代将軍、徳川家光公が「日光東照宮」を荘厳な社殿への大規模改築、「寛永の大造替」が行われ、
腕の良い職人さんが全国各地から集められました。
そこで、東照宮の修繕に当たる傍らで木々を彫って箪笥や盆、机などを日光土産として販売するようになった事が
日光彫りの始まりと言われています[E:sign01]
当初は日光堆朱塗りや日光盆などと呼ばれていたみたいです[E:eye]

日光彫りについてお話と、体験をさせて頂きました「五十嵐漆器株式会社 代表取締役 五十嵐 輝吉さん」です[E:sign01]

b058c812.jpg

五十嵐漆器さんは東武日光駅から5分、またJR日光駅からも徒歩10分の場所にあります[E:flair]
また今回私達も体験しました、「日光彫体験学習」も随時受け付けておりますので、
是非体験してみてください[E:happy01]

Img_4749 dec2a24f.jpg

日光彫りの特徴は、「ひっかき(日光三角刀)」と使う所にあります[E:sign01]

ba0979b4.jpg

左の2つが「ひっかき」となります[E:flair]
刃に角度がついているのですが、普通は60度と90度のひっかきがあり、
職人さんによっては角度をオーダーして作るそうです[E:note]

模様は植物が多く、日光東照宮によく見られる、牡丹・菊・桜・梅やニッコウキスゲがよく掘られています[E:sign01]
そして平面部には「石目打ち・星打ち」と呼ばれる技法が施されていています[E:eye]

02c88105.jpg

丁度こちらの平面部の凹凸が「星打ち」です[E:eye]
星打ちは、五寸釘を加工した道具で施されます[E:flair]

そして塗りの方は、『日光朱堆塗り』という技法が明治時代以降に定着したそうです[E:sign01]
彫りが終わった製品に直接朱漆を塗り、その上に黒炭の粉を降って一度黒色とした後に磨き、その磨き具合によって
下地の漆の朱色を調節しより立体的に仕上げる技法だそうです[E:sign01]
そのため独特な色合いになるんですね[E:flair]

いよいよ体験です[E:sign03]体験には大門さんが掘ったものをご紹介していきます[E:note]

まずは掘る製品を選びます[E:smile]

0646b525.jpg

左から「フリープレート・フォトブック・手鏡(小)・手鏡(大)」となります[E:flair]
掘る製品を選んだら、次は掘るデザインを選びます[E:sign01]
お店に伝統的なデザインの写し絵がありますので、その中から選んでもOKです[E:happy01]

6e685560.jpg

選んだデザインを製品に写します[E:wink]

a99cc996.jpg

写した線に沿って掘るのですが、私は中々上手くいきませんでした[E:coldsweats01]
大門さんはお上手ですね[E:bleah]

208a978e.jpg

そして完成です[E:sign03]上手く掘れていますね[E:flair]

0abd1d4c.jpg

一方私のは・・・

6075e30e.jpg

うーん[E:coldsweats01]もう少し上手く掘れると思ったのですが・・・[E:crying]

どのように掘るのか五十嵐さんに掘って頂きました[E:flair]その様子をご覧ください[E:sign03]

五十嵐さん 日光彫 実演
↑クリックすると動画が見れます[E:eye]

携帯からの撮ったため画質は良くありませんが、素晴らしいです[E:sign03]
そしてこの動画で彫って頂いたものを、1名様にプレゼントしちゃいます[E:happy01] 応募方法は最後にお伝えしますね[E:shine]

9f8039d1.jpg

そのあと工場見学もさせて頂きました[E:note]

3bf90037.jpg

こちらでは、材料となる木材の管理・制作、塗りや仕上げまで行っています[E:sign03]
体験学習の人数が多い時にも、こちらで行います[E:flair]
丁度趣味で、日光彫をしている方の作品を、塗っていたのですが凄くお上手ですね[E:sign03]

1d6b3ea6.jpg

日光彫の体験から、販売・修理までやって頂ける、五十嵐漆器株式会社の詳しいお問い合わせは

五十嵐漆器株式会社 日光市 松原町 17-7 電話 0288-54-1599
HP:http://www.mmjp.or.jp/nikkobori-shop/

この機会に伝統の技、文化にふれてみてはいかがでしょうか[E:sign02]

プレゼントの応募方法です[E:sign03]

○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛

○FAXは028-643-3311 メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]

応募の際は必ず 「日光甚五郎煎餅 彩々づくし希望」

また「五十嵐さんの日光彫希望」と書いてくださいね[E:coldsweats01]

締め切りは9月3日です[E:sign01]

当選者の発表はお品物の発送をもって代えさせて頂きます[E:note]

また、番組への感想、ご意見もお待ちしています[E:sign03]

立秋を迎えても、まだ暑さが続いていますね[E:sun] 今回も日光の魅力的な情報をお届けできるように、頑張ります[E:sign03] 最初に日光吟遊のコーナーから『株式会社 上澤梅太郎商店』です[E:happy01] 5d8978d5.jpg
県内の方はもちろんの事、県外の方も知っている方は多いと思います[E:sign01] 「日光みそのたまり漬け」『上澤梅太郎商店』さんです[E:shine] そもそもたまり漬けとは、
保存性を高めるためラッキョウ、大根、キュウリ、ナスなどの野菜を先ず塩漬けにする。この塩漬けには、その野菜本来の味や香りを濃縮して保ち、歯ごたえを向上させるという二次的な効果もある。 一定期間(野菜ごとに異なる)漬け込んだ時点で塩抜きをし、たまりや醤油などを主原料とする調味液に漬け込む。本来のたまり漬においては、その原材料の種類や状態に応じた複数の調味液が用意され、異なる調味液による多数回におよぶ漬け替えが行われる。複雑な工程を経て完成される漬物であるため、現在はコストや製造期間の問題からこうした製法で作られるものは高級品に限られている。
Wikipediaより転載 このたまりと言うのは、味噌の製造工程で作られる副産物で、故意に塩分濃度を高くした味噌の上澄みの事を言います[E:sign01] 「たまり」は醤油の、固形物は味噌の代用品にもなったそうです[E:eye] そして「たまり」に野菜を漬けたものを「たまり漬け」と言います[E:sign01] 上澤梅太郎商店さんは1940年後半に、この「たまり漬け」を商品化して、今では日光の特産品になっています[E:happy01] たまり漬けと上澤梅太郎商店について、「株式会社 上澤梅太郎商店 社長 上澤 卓哉さん」に詳しい話をお伺いしました[E:sign03] 4b433870.jpg
社長の上澤卓哉さんは、概ね13代目だそうです[E:flair] なぜ「概ね13代目」かと言いますと、江戸時代の火事で詳しい資料が焼けてしまったそうです[E:wobbly] ですが、上澤梅太郎商店さんに残る一番古い物、「お金を入れる箱」に「貞享」と言う元号が入っているので、 江戸時代にはすでに上澤さんは商売をしていたみたいです[E:sign01] 974c6a02.jpg
写真を見ても分かる通り歴史のある、大変貴重な箱ですね[E:flair] 「貞享」は、江戸幕府の第5代将軍 徳川綱吉公時代です[E:flair] その頃の上澤梅太郎商店さんは、現在の場所ではなく、若干日光寄りにあったそうです[E:sign01] そして味噌醤油の醸造元として商売をしていたのですが、第二次世界大戦の直後ぐらいから先々代・上澤梅太郎さん がいにしえからの伝承・漬物を研究し始め、現在の『たまり漬け』を完成させました[E:sign03] d1231d21.jpg
商品は「しその実」や「しょうが」など昔から作られているたまり漬けと合わせて、今では30種類以上に増えています[E:note] 中でも、「らっきょう」は大人気で、売り上げの半分を占めているそうです[E:happy01] 私も小さい頃から上澤梅太郎商店さんの「らっきょう」と「ふき」が好きで、家に置いてあるとすぐ食べてしまうので、 曾祖母に「そんなに食べるとらっきょうになっちゃうよ」と言われたものです[E:coldsweats01] 上澤梅太郎商店さんのこだわり、美味しさの秘密は、 ①厳選した素材 ほとんどの野菜を生産農家との契約によって取扱い、更に厳別した上で素材としています。 ②急がず、休まずに 味噌や漬物は低温長期熟成されています。作っている職人さんも、長い時間を掛け地道に技術を習得していきます。 ③毎日"出したて"鮮度 作り置きをせず、繁忙期になっても並べられる商品は、蔵出しされたばかりの新鮮な商品です。 それに「目の届く範囲」で新鮮な商品をお届けしたい為、お土産屋さんや百貨店などには置いていません[E:sign01] この日光市今市の店舗でしか、直接手に取って買う事が出来ません[E:sign01] 遠方の方は、お電話・FAX・メール・インターネットでお買い求め頂けます[E:happy02] 2275a0aa.jpg
店舗ではほとんどの商品が試食出来るようになっています[E:happy01] この記事を書いている途中に、気になっていた「ジェラート」を食べに行ったのですが、思わず試食しちゃいました[E:bleah] 昨日の夕飯に「だんらん」を食べたばかりですが…[E:coldsweats01] 試食している時、レポーターの齋藤さんが近くの方に、お話を伺っていました[E:ear] その方は千葉から来られていて、那須に泊まると言っていたのですが、その途中に寄ったそうです[E:flair] 「美味しい、美味しい」と試食をして、沢山お買い上げしていました[E:happy01] 2f416cbe.jpg
7cf02e67.jpg
7846ba43.jpg
この他に「粒みそアイス」があります[E:happy02] こちらのジェラートは、きちんとしたアイス屋さんが、上澤梅太郎商店さんの商品を使って、作っていますのでとても美味しいです[E:shine]特に「しその実」のジェラートは、見ても分かる様にしその実の漬物が入っていて、一口食べるとしその香りがしました[E:flair]しその漬物の食感があって存在感があるのですが、味は控えめで爽やかなクリームとマッチした「大人のジェラート」となっています[E:sign01] c02f9593.jpg
それに、お客様の為に休憩場所もあります[E:note] こちらでは、4種類の飲み物が無料で提供されている他、上澤梅太郎商店さんのパンフレットやたまり漬けを使ったレシピ なんかも置いてあります[E:sign01] 日光味噌が産むまろやかな「たまり」と力強い地揺れの野菜、 そして日光連山の雪解け水が磨きをかけた『日光みそのたまり漬け』。 是非お召し上がり下さい[E:sign03] 詳しいお問い合わせは 株式会社 上澤梅太郎商店 日光市今市487 電話0288-21-0002 FAX0288-22-0002 HP:http://www.tamarizuke.co.jp/ 営業時間8:15~18:00 ここでプレゼントのお知らせです[E:sun] 上澤梅太郎商店さんより、人気の味の詰め合わせセット「たまてばこ」を5名様にプレゼントです[E:sign03] こちらの商品は、らっきょう・だんらん・大根・ふき・しょうが・きゅうりが入っていて、 上澤梅太郎商店さんの人気商品が勢ぞろいです[E:lovely] 食べ終わった後は、お弁当箱などにもご利用出来ると言う優れものです[E:sign03] 19bba069.jpg
包んである小風呂敷の色は全部で4色あり、届いてからのお楽しみとなります[E:happy02] 応募方法は ○おはがきは 〒320-8601 栃木放送「日光FANラジ」宛 ○FAXは028-643-3311 メールの場合は nikko@crt-radio.co.jp まで、よろしくお願いします[E:sign01]応募の際は必ず「日光みそのたまり漬け たまてばこ」希望と書いてくださいね[E:coldsweats01] 締め切りは8月20日です[E:sign01] 当選者の発表はお品物の発送をもって代えさせて頂きます[E:note] 今回は上澤梅太郎商店さんよりクール便で直接お届けとなります[E:flair] また、番組への感想、ご意見もお待ちしています[E:sign03] よろしくお願いします[E:happy01] 続きまして、GO GO NIKKOのコーナーから『足尾納涼祭 リボーン イン 足尾』です[E:sign03] 同時に足尾総合支所移転のお話もご紹介します[E:sign01] 5b547edd.jpg
平成25年8月5日から、庁舎の老朽化に伴い、「日光市役所 足尾総合支所」「足尾公民館」「日光消防署足尾分署」が移転しました[E:happy01]取材したときは、もう新庁舎はほとんど出来上がっていて、皆さん移転の準備で大忙しでした[E:sign01]お忙しいところありがとうございます[E:sign03] 早速ですが、『日光市役所 足尾総合支所』です[E:flair] 966f6b55.jpg
30e464f5.jpg
左は完成予想図です[E:note]もうほぼ完成でしたが…[E:coldsweats02] そして、足尾総合支所を左から撮ったものです[E:flair]この日はあいにくの雨になってしまいました[E:wobbly] 8d1e8944.jpg
1a542bc7.jpg
丁度この時、搬入のトラックが来ていまして、この角度からの撮影となりました[E:weep] 業者さんも大忙しで、準備をしていました[E:sign01] そして新しい日光消防署足尾分署です[E:wink] 足尾銅山観光の隣に出来た、「日光市役所 足尾総合支所」について、 「日光市役所 足尾総合支所長 尾崎 哲夫さん」にお伺いしました[E:happy01] 7313d278.jpg
足尾総合支所は、市役所総合支所・公民館・図書館と併設しています[E:think] 地域振興の中核施設と位置付け、効率性や利便性を考慮するとともに、地域防災の拠点としての連携を図るため、 日光消防署足尾分署も同一敷地内の隣接しています[E:flair] 建物の特徴は、足尾のシンボルとして、また周辺施設・自然との調和を考え、銅が酸化されることで生成される青緑色の 『緑青色(ろくしょういろ)』の屋根となっています[E:shine] そして新庁舎の銘板を、東洋一の銅山として栄えた足尾の魅力を伝えることを目的に、純銅となっています[E:sign03] c5fd507d.jpg
総合支所と公民館の総合案内板、足尾分署の銘板はとなっています[E:shine] 239b5c5b.jpg
その他のところにも、銅が使われています[E:flair] 044551d6.jpg
6b1cea67.jpg
内部を見学させて貰って、一番お気に入りになった所は図書室です[E:bleah] 図書室から見える、通洞大橋が見事です[E:sign01]こんな素敵な場所で本を読んだら捗りますね[E:lovely] 4ac0b03f.jpg
そして気になる「展示スペース」は今年の4月から活動中の、 『地域おこし協力隊』の皆さんの展示となります[E:flair] 地域おこし協力隊とは
人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、上記のような意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取組です。
HPから転載 現在は「志村春海さん 中山京さん」が足尾地域の隊員です[E:sign01] 5172a463.jpg
こちらのお2人が足尾にフレッシュな新しい風を吹き込み、文字通り地域おこしに協力します[E:sign03] お二人にもお話をお伺いしましたが、とてもやる気に満ち溢れていました[E:flair] ちなみに私が、庚申山に登った時にもご一緒しました[E:think]その時はもう自分の事で精いっぱいで…[E:crying] そして新庁舎の開庁式と併せて行われるん「納涼祭」のお知らせです[E:sign03] この納涼祭の前身は古河鉱業所が、大正13年に直利音頭の前身となる「八木節」を 赤倉広場で開催したのが始めと言われています[E:note] 踊りの特徴は、足尾銅山にふさわしい歌詞と、踊りは「直利音頭」に変えて踊る様になり、 足尾の盆踊りとして定着しました[E:bleah] 今回は足尾庁舎の開庁式と併せ、8月13日に行われます[E:sign03] 当日は午後1時から足尾銅太鼓 午後3時から開庁記念式典 そして午後4時から、日光四季祭プラスワンイベントとして 「ヒップホップダンス」「歌と笑いの笑劇場」「フラダンス」などを行います[E:sign03] そして、『とちおとめ25』によるライブと、 綾小路きみまろのモノマネをしている、君小路あやまろさんが足尾に元気をお届けします[E:happy02] お祭りの終盤、午後6:30からは、新しいやぐらのお披露目を含めて、「直利音頭」「流し踊り」「仮装大会」が行われます[E:sign03] この『足尾 納涼祭』の様子は、また改めてお伝えしたいと思います[E:happy01] ぜひ、皆さん足尾に足を運んで、納涼祭を楽しんで下さいね[E:smile] また、足尾総合支所は8月5日に引っ越しは完了していますので、もう通常業務を実施していますが、 公民館等の利用は、8月13日の開所式終了後の午後4時以降となります[E:delicious]

↑このページのトップヘ